忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/19 06:33 |
禁断の決心







ミュージシャンを目指している俺は、夢を叶える為にたくさんの努力をしてきた。




それでも、ミュージシャンになれるのは才能がある一握りの人間だけだ。


「チャンスがない」



行き詰まり感を抱えていた俺は、何かを変えたかった。そして、禁断の決心をして、彼女の帰りを待っていた。









家に帰り、夕飯の支度をしながら今日の出来事を喋る。いつも通りの情景なのに、彼女は彼の変化に気付いていた。3年間も付き合っていれば、ちょっとの変化もすぐ気付く。


「なにかあったのかな」



いつも通りに振る舞いながらも、心配そうに彼の横顔を伺う。その横顔を見ても何を考えているのか全くわからなかった。






















とまぁ、これはこの間の帰り道で流れてたラジオの話なんすけどね。




さて、彼の禁断の決心はどうなったのか。







結果が気になって聞いてたんですが、オチないままラジオが終わりました。






なんでなん?









つぅ訳で太田代真吾氏と自分だったらと妄想。









太田代真吾氏のケース




別れを告げるのは彼の責任転換だ。

彼女が居ても居なくても、何もしない奴は何も出来ない。





ごもっともです。




俺の場合は、




言いません。




結局どうなったんだか。
PR

2007/12/15 13:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | 日記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<気付いてしまった | HOME | 間違いなく>>
忍者ブログ[PR]